So-net無料ブログ作成

納豆が嫌いなら無理して食べようとしない

スポンサードリンク




他人が求めることに過剰反応しているとどんどん自分を苦しめることになっていきます。
人は社会的動物なのである程度は合わせる能力も必要ですが、何でもかんでも他人の顔色を伺って要求に応えようとしてしまうと自分が潰れる結末を迎えることになります。

他人が自分に対して求めてくることは千差万別なのでいちいちそれに合わせていると自分が疲弊しまくってボロボロになってしまうのです。

自分は納豆が好きではないのに、他人が納豆が好物だからといって他人に好意を持たれようと無理やり納豆を食べるようなものです。

人の好みに合わせてあるところでは納豆を無理やり食べ、はたまたあるところではグリーンピースを無理やり食べ相手の好みに合わせて好きでもないものをいたるところで無理して食べてまくっているようなものです。

自分が食べたいものは何なのか、自分の好きな食べ物は何なのかを自分で決めておかないと好きでもないものを無理して食べてけっきょく自分が好きなものは何も食べれなかったという何とも悲惨なことになってしまいます。

相手の要求はそれはそれで尊重するのも大切なように、自分の要求も同じくらい大切にすべきです。

自分を殺して相手の要求に応え続けることは、自分の要求は他人に受け入れられる価値などないと自己暗示をかけているようなものです。

納豆など食べたくないなら食べたくないと自分の好みを言えるようにして自分自身を尊重してみることも大切かと思います。



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。