So-net無料ブログ作成

嫌なことをやらねばならないとき

スポンサードリンク




自分が嫌だと思っていることもあえてやってみると意外とできてしまうことが多々あります。
いわゆる食わず嫌いというものですが、やってみる前からやりたくないと思って遠ざけてしまうともったいないこともあります。

嫌なことを無理矢理やったほうがいいという話ではなく、自分の嫌だという感情に何でもかんでも反応していると可能性が閉じてしまうこともあるという話です。

嫌とかやりたくないという感情は過去の経験値から出てくることも多く、たった一度の失敗経験から拒絶反応が発動されてしまっていることも往々にしてあります。

経験値は積めば積むほど財産となるので仮に嫌だったとしても、その経験がその後の人生の役に立つこともあります。
嫌だと思っていてもやってみることで自分でも気づいていなかった能力に気づくこともあります。

嫌だという感情を自分の目的意識に従属させるとやってみようという気持ちが湧いてくるものです。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。